2014年5月24日土曜日

英語ディベート資料 大飯原発関連(追加「え、石炭火力発電が放射性物質だすの!?」

さて、色々と資料もそろってきたようですね。
さて今日は否定側が肯定側の立論をカットするストーリーとして参考になりそうなところをおさらいしておきましょう。

池田信夫2014年05月24日 01:17福島第一原発のガダルカナル状態

今回の判決に納得がいかないどころか「どうせ高裁か最高裁で棄却されるだろうし、強制力ないんだから粛々と再稼働すべし」と仰ってる池田先生ですが、福島の事故処理が東電という一企業が担当していたらいつになっても終わらない、終わっても金がかかりすぎる、しかも、科学的には健康被害を起こすと思えない汚染水処理に時間・費用かけすぎ、というお怒り。
引用
本質的な問題は、何を目的にしているのか、はっきりしないことだ。廃炉推進カンパニーの増田CDO(廃炉最高責任者)に「作業はいつ終わるのか?」ときくと「30~40年が目途だが、廃炉の定義が決まっていないので正確にはわからない」。コストは1兆円以上かかるが、その作業の大部分は汚染水対策だ。といっても湾内のセシウム濃度は10Bq/kg以下なので、「飲んでも大丈夫」。汚染水を全部タンクに貯めるので、貯水タンクの水の量は今年中に80万トンになる。「薄めて流すことはできないのか」と質問すると「それは当社が決めるわけにはいかない」。(引用終了

とまぁ、これは肯定側に有利かな、とピックアップしてから思ってしまいました。すいません。

記事 池田信夫2014年05月24日 15:25科学は信用できないの?
こっちですね。この数字で追っていくやり方は否定側には非常に役立つんじゃないでしょうか。アタック用に「極力短く」まとめられてはどうでしょうか。
ただ、この論調では、試合では喧嘩になりかねない、あまりにマナーを逸したスピーチになりますから、そこのところはもう少し大人になりましょう。

こんな苦言を呈する人もいるようですから・・・。
記事 諌山裕2014年05月22日 23:36大飯原発についての判決は幼稚なのか?

すいません、実家の枝打ちに参加したため疲労感一杯であまり資料読み込み出来ませんでした!明日も出来たら一本ぐらいは上げたいと思います。

追加
池田氏の言及の中に「火力発電所も放射性物質を出す」というコメントがさらりと書いてあった事に驚いて早速調べようとしたら既に調べてくださった方がいらっしゃった。


2011年6月27日月曜日

石炭火力が原発の100倍の放射性物質を出す?

Special Thanks to "Uncorrelated"さん

まぁ、たいした量じゃない、安全な核種だということなどからそんなに大した問題じゃないんですけど、いきなり否定側の反論で出されたら肯定側も慌てるんじゃ無いかな?と思ったので付記しておきますよ〜!