2014年5月23日金曜日

英語ディベート資料(15) 肯定側 原発テロ 

今日、ネットを色々みてたら「原発テロ」の話が出てました。
ただ、これも現状とプラン後の比較で大きくなるのか、ならないのか
は検討する必要があると思います。

①現状、「原子力発電所」というものは目に見える形で存在する。
②テロリストが攻撃するとしたら、それなりに目標物としては大きい
 (=攻撃しやすいのではないか、げんに国防省だって攻撃されたじゃないか)
③停止状態であるならどれぐらいの被害が出るのか。運転状態でならどれぐらいのひがいがでるのか。

この辺りはあまりデータがそろわないような気もしますが、あれば「差」によってはAD1、Probability高め低めならAD2にするのが良いかなぁと思います。

記事 山内康一2014年05月22日 10:30原発テロの現実性
によれば、
①IAEAデータベースに基づく政府見解だと1993年から2012年の間に419件の危うい例が、報告されているそうです。
②IAEAの数字は「核物質または放射性物質の不法所持、不法移転事案、不法な目的での売買または使用の未遂事案」という事案の数です。

まぁ「そうです。」なのでソースをもうちょっと辿っていく必要がありそうです。

ありました。
衆議院原子力問題調査特別委員会ニュース 平成 26.4.3 第 186 回国会第2号
とおもったんですが、中身をみたら質問だけ。空振りでしたねー。

ということでIAEAの資料を探す事に。
I got it.
IAEA Reported Incidents 1993-2012
 As of 31 December 2012 there were a total of 2331 confirmed radiological theft or misuse incidents reported by participating States; of these 419 involved unauthorized possession and related criminal activities, 615 incidents involved reported theft or loss and 1244 incidents involved other unauthorized activities and events.
Paraphrased from IAEA INCIDENT AND TRAFFICKING DATABASE (ITDB) highlights 1993-2012

日本に住んでて報道が無いだけで結構probability高いかもしれませんねぇ。ただ、「日本は安全だ」とか「特定のテロリストが日本を狙う必然性が無い」とかかわしようもありそうなきもするんですが。この間の判決みたいに「まったく0とは言えない」というものは【残る】可能性は拭いきれないような気がしました。